BLOG

 僕が関わった同人詩誌「群青」第2号(2005年2月20日・刊)より、巻末の「広部英一氏追悼」を転載します。詩誌「群青」から、逆年順に転載して来た散文も、これでしまいです。


  広部英一氏追悼

   新サスケ


 僕は高校生時代、文芸部に属していて二年生の時に、先輩の尽力でガリ版刷りの詩集を出す事ができた。その批評会にこれも先輩の尽力で、学外から広部英一さん、Kさん、Iさんを招待する事ができた。生徒会館の二階で開かれたその批評会で、Kさん、Iさんの一言ずつを覚えているが、広部さんの発言は覚えていない。そのあとでの全員写真が残っている。

 そのあと、福井県立図書館の一室で毎月一回、広部さんが開いていた読書会に、文芸部の仲間と参加するようになった。文学に関わる大人たちとの初めての出会いであった。

 帰郷後の僕が再び詩や文章を書くようになって、広部さんにも会うようになった。印象深いのは、文学同人誌「日本海作家」百号を祝う会と、詩誌「青魚」五十号を祝う会に、彼が「同人誌は長く続く事ばかりが良いのではない」と強く発言した事である。

 僕が第一詩集「みだれた足跡」を出版した時、広部さんに「月刊福井」に持っていた書評欄で暖かい言葉を貰い、とても嬉しかった。酷評する人もいたからである。

 「南信雄全詩集」を受け取りに広部さんの自宅に伺って玄関で対した時、正座して渡して下さるので、僕はどぎまぎしてしまって、少し膝を折っただけだった。

  広部さんが中心になって毎年催した「清水町詩劇場」、冨田砕花賞受賞を祝うパーティ、現代詩文庫での詩集発行を祝うパーティに僕も出席して、一眼レフカメラで写真を写して送った所、喜んで下さったようで、いつも葉書を頂いた。

 ある席での雑談のおり僕が広部さんに、県立図書館での読書会の、月ごとの案内葉書(広部さんが自筆ガリ版印刷したもの)を今でも何枚か持っていると話すと、彼は「もう先が長くないから、そういうものは回収したい」との事だった。僕が自宅で資料を捜すと、その葉書はあったけれども、とても懐かしくて手放せなかった。そのコピーと詫びの手紙を送った事だった。

 広部さんは、文学に厳しく、人に優しい方だった。  (了)



 僕が関わった同人詩誌「群青」の、第5号(2006年2月10日・刊)に乗せたエッセイ、「ビブリオマニア」を転載します。


 ビブリオマニア

    新サスケ


 「ビブリオマニア」という英語があって、「蔵書癖」「書籍狂」の訳語が出ているが、「愛書狂」という意味もあるらしく、この線で書いてみたい。

 まず古本を買って来て値札を剥がす時、値札の端を爪で起こして引っ張ると、本が傷みやすい。ヘアードライヤーの熱風を当てて値札を剥がすと、糊が柔らかくなるのか、きれいに取れる。

 また本が汚れている場合は、「キッチン・クイックル」などの洗浄紙で表紙や上下を拭く。あまりこすると、紙がけば立ってくるので、程々にしなければいけない。

 本の帯が破れかけていたり、切れている場合は、本や箱から外して、セロテープで裏打ちして戻す。継ぎ目をきれいに合わせなければいけない。

 古い文庫本などで、パラフィン紙カバーが無くなっていたら、文房具店で買ったパラフィン紙を、大きさに合わせて切り、被せてやる。大事な本の箱に、カバーがない場合は、セロハン紙を買って来て、同様に被せる。セロハン紙は折り目がつきにくいから、箱に被せてから、折り目にヘアードライヤーの熱風を当てると良い。

 雑誌を日数を掛けて読む場合、事務用品店で買ったビニールカバー(大きさはほぼ同じである)を被せて読むと、表紙が汚れず本体が傷まない。

 本を大事にする事で、いま思い出す方法はこれくらいである。(了)


 同人詩誌「群青」第8号(2007年2月15日・刊)より、同人・木下龍子さんへの追悼文を転載します。


  とびきりの笑顔

    新サスケ


 木下龍子さんに初めてお会いしたのは、お互い高校生の時だったろう。「南信雄氏追悼」にも書いたのだが、高校文芸部員の時に他の部員と共に、仁愛女子高校文芸部の方たちと会った事がある。当時、木下さんはI・秀子さんと共に詩で活躍されていて、福井新聞に取り上げられ、また二人詩集「十七歳の詩(うた)」を上梓した。その場に木下さんは当然居られただろうが、僕にイメージの記憶は残っていない。木下さんもその時の僕を憶えていらっしゃらなかっただろう。

 年月は過ぎて、福井県詩人懇話会などの催しの席上、彼女に会う事が多くあった。僕は会のカメラマン役をしており、撮った写真をサービスで焼き増しし各人に送らせて貰っていた。彼女に送った写真の中に輝くような笑顔の一枚があり、葉書でか「少女のような私が写っていて、嬉しい。」とお便りがあった。

 2005年の5月、福井新聞社で「北陸現代詩人賞」の贈賞式があり、その後のパーティ(ノン・アルコール)の場で、K・徳夫さんと第3号まで出していた同人詩誌、「群青」への参加を木下さんに要請した。断られる事が怖くて僕は、あらぬ事を口走ってしまったのだが、彼女は静かに受け止めてくださり、数日後、承諾の旨を報せて来てくれた。

 彼女は「群青」4~7号に、詩4編、エッセイ2編を書いてくださった。あからさまな生活の詩は書かれなかったが、情感の豊かさを感じさせる作品を書かれた。またエッセイでは、なぎなたの練習の事を書かれ、読者からは「優しい詩と、なぎなたの猛者のギャップが面白い」との感想の便りもあった。

 彼女は57歳で、先に逝かれた御夫君の許へ行ってしまわれた。彼女の晩年になってしまった1年半余に、「群青」に詩やエッセイを発表され、またしばしば同人3人で(稀には2人で)喫茶店に集まって、文学の話や雑談に時を忘れた事で、ひとり家に籠もられることの多かった生活が、少しでも明るいものになったのでは、と願っている。

 生前の彼女に最後に会ったのも、2006年12月16日、喫茶店で3人で話し込んだ時だった。別れ際に車の中から、いつもの輝くような笑顔をされたのが、鮮やかに残っている。

 2007年1月13日、風邪をこじらせて急逝された。

 さて生き残った者は倒れるまで、生活や文学に励まなければならない。


 僕の関わった同人詩誌「群青」第12号(2008年6月25日・刊)より、エッセイ「思い違い」を転載します。


  思い違い

    新サスケ


 誰でも長いあいだ思い違いをしていた事の幾つかはあるだろう。

 僕は中学生の頃か、滝廉太郎・作曲の「荒城の月」の出だし、「春高楼の花の宴」の「高楼の」を「頃の」を伸ばして歌うのだと思っていた。「高楼」という難しい言葉を知らなかったのだ。

 また島崎藤村の詩集「若菜集」より「初恋」の、「誰が踏みそめしかたみとぞ」の「かたみ」を「固み」だと思っていた。遺品以外にも「形見」という言葉を使うと知らなかった。

 高校文芸部の後輩に「寂寥」の読み方を問われて「せきびゅう」だろうと言ったら、知っている者に笑われた。「誤謬」の「謬」の字に似ていると思ったのだ。それから部員の間で、僕は「いいかげんな人だ」と見なされた。

 勝負事で「辛勝」という言葉があるが、「こうしょう」と読むのだと思っていた。「辛」と「幸」を同じかと思っているのだから、いいかげんなものだ。

 また「掉尾(ちょうび、たくび)という言葉を、「棹尾」だと思っていた。ある公の雑誌にそのまま載って、関係者は困っただろうし、あとで怒ったかも知れない。

 学生下宿で、友人に紅茶を出す時、紅茶のパック一つを四つのカップに順に浸して、ある人から「家庭的だね」と憐れまれた。家ではそうしていたから、一つのカップに一つのパックを使うものだと知らなかった。

 貧乏や無知は、とんでもない思い違いをして、恥をかくものだ。

 人生についても、ある時から僕は人々と戦ってきた(喧嘩をする訳ではない)けれども、社会も人々も思っているより優しいのかも知れない。「アノ惨状ヲ忘レルナ」という声はするが。    (以上)


 僕が関わった同人詩誌「群青」第14号(2009年2月25日・刊)より、旧・エッセイ「デジタリアンもどき」を転載する。10年前の事なのに、デジタルの進歩は速く、隔世の感がある。


  デジタリアンもどき

    新サスケ


 ベジタリアンをもじって、ジベタリアン、デジタリアンという言葉が生まれた。

 ベジタリアンは、菜食主義者という意味である。ジベタリアンとは、コンビニ等の前の地べたに座って、雑談したりものを食べたりしている高校生等を指している。デジタリアンとは、デジタル機器をうまく操作できる人を指す。

 僕は、デジタル機器をうまくは操作できないけれども、しばしば関わっているので、僕とデジタル機器の経過を語ってみたい。

 僕が初めて就職した税理士事務所では、算盤による計算と転記の連続だった。半年くらい経ってか、電卓が発売された。大型で高価だったけれど、私費購入した。まだ足し算引き算は算盤のほうが速いということで使ったけれども、掛け算割り算(減価償却の計算など)は、一発で答えの出る電卓が便利だった。

 次は、ワープロだろうか。機能によるのか、僕の無知によるのか、文章の清書くらいにしか使えなかった。しかも僕が小説を入力し始めて、10枚くらいで故障して、その小説も頓挫したことだった。

 携帯電話機(略してケイタイ)は、最初は無料とか、図書券付きで配布され、僕も入手し、今もって同じケイタイ会社のものを使っている。3台目か4台目か、今の僕のケイタイは、ネットもテレビも使えるスグレモノ(?)である。

 パソコンは他の家庭よりかなり遅れてだろう、なんとか機会があってノートパソコンを購入し、ネットも繋いだ。メールグループによる通信、ネット古書店よりの購入、ゲーム・ソフトなどに使った。

 今は2台目のパソコンを使っている。性能が高く安価ということで、デスクトップ型である。これまでの使い方に、ブログを始めて充実させるとか、ネットバンクを使うなど、新しい使い方も用いている。

 ポケットタイプのデジカメを買ったので、ブログへの写真アップなどに便利である。


  

 僕が関わった同人詩誌「群青」第16号(2009年10月31日・刊)に載せたエッセイ、「第四回苜蓿忌」を、ここに転載します。昨年には、第十三回苜蓿忌が催されました。

  第四回苜蓿忌

    新サスケ


 十月十日の土曜日、午後二時より、詩人の故・広部英一さんを偲ぶ第四回苜蓿忌が催された。

 旧・清水町「きらら館」前公園の、広部さんの詩碑の前で、碑前祭。

 女性の司会で、実行委員の増永迪男さんの挨拶のあと、後藤ふじゑさんが広部さんの詩「前世」を朗読した。

 「広部英一を語る会」の部では、川上明日夫さんが、「去る者日々に濃し」と述べて、参集者が年々増えているなど、人々の広部さんへの思いが濃くなっていると語った。

 また定道明さんは、広部さんが詩の師・則武三雄さんの師・三好達治の「太郎を眠らせ太郎の屋根に……」の二行詩を、エッセイで批判したことを挙げ、文学者は師を批判できるようでなければならないと語った。

 そのあと、中島悦子さんの献花、今村秀子さんの献本(広部さんが編集・発行していた詩誌「木立ち」の新刊、百四号)でもって、碑前祭を終えた。

 「きらら館」の一室に移動して、「偲ぶ会」。(お茶とジュースで、ノンアルコール)。

 岡崎純さんが、広部さんは新井満さんとの出会いのなか、「千の風になって」を好み、自身の死を予感していたのではないか、と思い出の一端を語った。

 また今回の「H氏賞」を受賞した中島悦子さんは、師の広部英一さんからお祝いの言葉を頂きたかったと、涙ながらに語った。

 また、「福井県詩人懇話会」代表の渡辺本爾さんの話、広部英一さんの弟・広部正雄さんのはハープ演奏などがあった。

 故・詩人の夫人の謝辞でもって、「偲ぶ会」も終えた。




 

 

 同人詩誌「群青」第20号(2011年2月・刊)に載せた、僕のエッセイ「挫折」を転載します。


  挫折

    新サスケ


 今年(2011年)1月12日に、それまで使っていたパソコンが立ち上がらなくなった。出張してもらった修繕屋さんはリカバリーを勧めたけれど、結局、新しいパソコンを買う事になった。

 データは移行しなかったけれど、僕のブログは再開できたし、ネットの「お気に入り」の大事なものは復帰したか、復帰できる状態にある。

 それに関わって、あるいはそれ以外にも、挫折した事が幾つかあるので、ここに記しておきたい。

 まず今年初めに、パソコンに導入した会計ソフトを、再導入せず、中止した。会計ソフトにはメモリが不足して、パソコン故障の原因となったかも知れないと考えられる。今は、金銭出納帳を付けている。

 それに、数年前から蔵書のデータベースを作ろうとして、文庫本から始めて、2,300件くらい打ち込んだが、中止するつもりである。エクセルで打っていたが、途中で「オープン ファイル ドキュメント」とかいうソフト群をダウンロードすると、その気はないのに、仕舞うたびに「こちらへ移換しますか」と問うてくるので、根負けして移換してしまったのである。そのソフト群をまたダウンロードする事はできそうだが、内容に問題がありそうなので止したい。

 セキュリティソフトに更新料無料のものを使っていたが、ウィルスを感染させてしまったかも知れないので、また更新料有料のものに戻した。

 パソコン関係ではないが、ケイタイでのスケジュール管理を、中止した。手帳での1ページ1週間ぶんという、1覧性が便利だからである。

 電子化、ペーパーレス化は、困難を伴うものだ。


 (2019年3月6日、追記)。最近に、更に新しいパソコンに替えた。金銭出納帳は止めて、タブレットに家計簿ソフトをダウンロードして、小遣い帳にしている。蔵書のデータベースは、同人のA・雨子さんに励まされて再開し、文庫本ぶんは仕上げた。

 タブレットでのスケジュール管理は、忙しい日のみ使っている。

 同人詩誌「群青」(年3回・刊)の第23号(2012年3月1日・刊)に載せた、僕のエッセイを紹介します。再任用職・時代の話です。


  協力

    新サスケ


 僕達の仕事は、客商売であり、力仕事でもある。冬の間は客が少なく、作業も少ない。

 プラットホームと呼ばれる作業場の、控え室で相棒とラジオを聞いている。FMの地域局である。平日の午前九時から十時まで、繰り返し懐メロが流れる。

 女性歌手の歌謡曲を聞きながら、僕は

 「ヤッさん、この歌手は誰やったかな?」

 ヤッさんは僕より三つ年上、この歳になれば同年代である。

 「んー、誰やったかなあ」

 「『あけみ』でなかったけ。下がひらがなやった気がする」

 「んー。曲さえあわかればな」

 「曲はわかる。『喝采』や」

 「……『ちあきなおみ』や」

 「ほやほや、『ちあきなおみ』や」

 僕はヤッさんの肩を抱く。(彼は僕の横に並んで座っている)。

 ヤッさんは

 「ひらがなは合(お)うてる。『み』も合うてる」と余計な事を言う。彼の癖である。

 還暦を越えた二人でも、協力すれば難しい事も解ける。


 前回に続いて、同人詩誌「群青」第29号(2014年2月・刊)に寄せた、小論を載せる。


  第三の大衆詩型

    新サスケ


 現在、大衆詩型として、短歌と俳句がある。芸術詩と大衆詩とに分化すると説く人もいる。

 短歌(和歌)は「万葉集」以前より記録され、のちには宮廷とその周辺の文学となったようだ。

 俳句は、連歌の発句が独立し、一詩型となった。芭蕉は武士と大商人を頼りとし、大衆的には点取り俳諧もあった。

 明治の正岡子規が、俳句と短歌を革新し、新しい大衆詩の基礎を作った。もっとも彼は、世界詩としての俳歌を目指していた所がある。

 敗戦後、とくに生活にゆとりが出来て以来、俳歌は盛んとなり、女性の進出も著しい。

 心情を短く述べる事、また定型に収める事には、快感がある。しかし述べたい事の長さや深さによっては、一句、一首に収まらず、連作、フィクション等の問題が出て来て、議論が多い。

 僕は日本語のソネット(韻は踏んでいなくて、主に四連の一四行詩)を創っている。立原道造のソネット、谷川俊太郎「六十二のソネット」、有馬敲「転生記」、広部英一「わが山 ふくいの詩」等の先例がある。

 ただし僕のソネットは、ほとんどが生活詩である。先例は高踏的な作品が多いようだが。

 我田引水は承知の上だが、俳句、短歌と並ぶ、第三の大衆詩型として、ソネットがあり得る事を僕は信じている。一種の定型詩であり、現代の生活の一場面、解きほぐしたい思いなどを述べるのに、適しており、普及する事を願う。 (以上です)。


 同人詩誌「群青」(2015年、34号で終刊)に交代で載せたエッセイの内、自分の分を逆年順にアップしてゆきたい。まず33号(2015年6月・刊)から、「図書カード」を。

  図書カード

   新サスケ


 ある土曜日の午後、妻が笑顔で「図書カード、要らない?」と訊く。「貰うよ」と僕。

 さほど嬉しそうでもなかったのは、最近ではネットで本を買う事が多く、書店で買いたい本が、すぐには浮かばなかったからだ。「千円分あるわよ、はい」。

 二週間後の平日午前、僕は車で「KaBoS 二の宮店」へ向かった。二年ぶりくらいか。家より遠くて、ガソリンと時間が掛かるのはドライブと思えば良いが、トラブルめいた事があって、足が遠のいていた。店は広くて、品揃えも多いのだ。

 アメーバブログを持っているので、そのグレードアップのガイド本があるかと思ったが、適当な本はなかった。背景の変更の解説などで、アクセス・アップに集中した本がない。

 最後の頼みは、岩波文庫である。ある本は税抜き900円で、税込みでは千円にわずか足りない。桂川甫周・著「北槎聞略」が税抜950円で、値段的にはちょうど良い。副題は「大黒屋光太夫ロシア漂流記」であり、僕の書架にない。

 レジの女性(今は年配の人が一人)へ持って行く。「1026円で、図書カード千円に、現金26円です」。財布の小銭入れを捜すと、百円玉が1枚あって、それで払った。千円札を出すような羽目にならなくて良かった。「カバーをお掛けしますか?」。「お願いします」。ふだんは掛けてもらわないのだが、読むとしてずいぶん先の事のように思えたからだ。

 帰宅して、4段の文庫本棚の上、ブックスタンドで更に1段作ったその上に、本はぽんと置いたままである。 (以上です)。



 元旦の記事「ネット爺さん奮戦記」に先んじて、毎日新聞・福井版のリレーエッセイ「へしこ」に、2016年10月27日付けで載せて貰った1文を紹介する。1部、伏字、ハンドルネームへ変更などがある。ペンネームは、そのまま表記した。


  「群青」一代記

    新サスケ


 所属していた県内の同人詩誌「螺旋」が、1996年3月31日付けの第60号をもって休眠した。

 僕は鯖江市内の詩人を主とした同人詩誌「青魚(せいぎょ)」に作品を発表させてもらうようになった。ただし「螺旋」同人(60号で9名)のうち、鮮やかな抒情詩で登場した、こぐま星座(ハンドルネーム)さんが、年刊詩集「詩集ふくい」(県詩人懇話会・刊)にしか発表できなくなった事を惜しんだ。

 こぐま星座さんに2人詩誌の話を持ちかけ、題名も「群青」と決まった。表紙の題字は職場の書家・小林峰仙氏にナポレオンか何か1本で書いてもらった。印刷・製本は、歌人・足立〇〇さんとの関わりで、福井市内の宮本印刷へ頼んだ。

 詩は1人・見開き2ページ、後部に交代でエッセイ1編1ページ。誌面は、目次から奥付けまで僕がパソコンのワードで打ちこみ、印刷所へ持ち込んだ。2004年10月20日付けで創刊号発行。A5判、6ページ。80部。年3回・刊。

 僕ら2人は喫茶店に落ち合って、学生時代の事から老後の心配まで話し合ったものだ。

 木下〇〇さんを第4号(2005年11月・刊)より誘った。しかし木下さんは2007年に急逝。第8号は追悼号となった。

 第14号(2009年2月・刊)より、神子萌夏さんが参加。第16号(同年10月・刊)より青山雨子さんが参加した。

 反原発詩などで内紛があり、神子さんが第20号で退会。青山さんが第31号で退会した。

 こぐま星座さんが意欲をなくしたか、第34号(2015年11月・刊)後の今年の年賀状で、「詩を休みたい」と告げて退会。ここに同人詩誌「群青」は、創刊より11年余で終刊した。(以上です)


 毎日新聞福井版の2016年11月24日、リレー・エッセイ「へしこ」に載せた、僕のエッセイ「ネット爺さん奮戦記」を転載する。

 1部、編集局の配慮で伏せたブログ会社名など、復活してある。字数の制限があり、しまいを端折ったのが残念である。


  ネット爺さん奮戦記

    新サスケ

僕は詩を書き発表しながら、同人歌誌「地楡(われもこう)」(足立尚計氏・代表)で短歌の世界に導かれ、1993年、43歳の時に結社誌「コスモス」に参加した。数年が過ぎ、結社内の季刊同人歌誌「棧橋」に申し込んで同人となった(後に退会)。

 「棧橋」同人の先輩たちがブログやホームページを設けて活躍しているのを見て、僕もブログを持ちたくなった。それで県内のインターネットサービス会社が運営する、「ミテログ」を利用して始めてみた。他のブログサービスを知らず、大手のブログサービスには解説書のあることも知らなかった。

 サイト内にあった説明を頼りに、2007年4月4日に最初の記事を書いた。ブログ名は「サスケの本棚」とした。字は小さく、著作権や肖像権に厳しいことも知らなかった。

 リンク集、アクセスカウンター、ブログランキング・バナーなどを付け加え、次第に形を整えていった。しかし容量が2ギガバイトだったので、10年目に入って記事更新が3,000回を越えると、動きが悪くなったようだ。またサイト内検索がない、予約投稿が出来ないなどの不便も目立った。カウンターは14万アクセスを超えたけれども。

 それで2016年9月初めに大手ブログ、「ライブドア・ブログ」に移り、「風の庫(かぜのくら)」と称した。記事更新もアクセス数も順調のようである。最近のマニュアル本も読んだ。

 短歌、詩の作品をネットで発表するため、別の大手ブログ「アメブロ」に「新サスケと短歌と詩」を設け、共にほぼ日刊で更新している。ブログへのアクセス数を増やすため、本に勧められるなどして、ツイッターとフェイスブックを始めた。今はそれら自体を楽しんでいる。(以上です)。